スポンサーリンク

【韓国】LGスマホ撤退で連鎖倒産が発生か

スポンサーリンク



【韓国】LGのスマホ撤退余波、取引先が上場廃止か 4/7(水) 11:31配信 NNA LG電子のスマートフォン事業撤退が、取引先企業にも深刻な影響を及ぼしている。 スマートフォン向け強化ガラスの製造を手掛ける韓国の61C&Sが、新興企業向け株式市場コスダック上場廃止の危機にひんしていることが分かった。61C&SのLG電子との直接取引の割合は、同社売上高の6割を占める。 韓国取引所(KRX)は6日、61C&S株の取引を停止した。今後は、最近3年間のLG電子への依存度を確認した上で、上場廃止の審査対象に該当するかどうかを確定するという。 https://news.yahoo.co.jp/articles/17b96124530ce5369e71da7e5e132b03c0cd54d2 単純計算で売り上げの6割が吹き飛ぶ緊急事態 LGは家電しか作れなくなって中国にやられる LG電子、携帯電話事業を売却ではなく完全撤退へ…その理由は? 4/6(火) 8:20配信 ハンギョレ新聞 競争激しいスマートフォン市場で「対応不十分」 「モバイル技術を維持しての売却は難しく撤退へ」 「赤字解消で業績改善に役立つ見込み」 「チョコレートフォン」と「プラダフォン」の栄光を受け継ぐ後継機はついに現れなかった。今年1月に開かれた世界最大の情報通信・家電展示会「CES2021」で世界を驚かせた「ローラブルフォン」ももう見ることができなくなった。LG電子が2007年の「アイフォンショック」を乗り越えられずに携帯電話事業から撤退する。 LG電子は5日、携帯電話事業の終了を公示した。「最近、プレミアム携帯電話市場では二強体制が固まっているとともに、主なライバル会社が普及型携帯電話市場を集中攻略しているため、価格競争はより激化している。LG電子は対応が不十分で成果を出せずにきた」。同社が自ら明らかにした事業終了の理由だ。自己告白というわけだ。 モバイル部門の売上は、2016年の11兆7218億ウォン(約1兆1500億円)から2020年は5兆2171億ウォン(約5100億円)へと、5年間で半減した。収益も大幅に悪化し、2015年第2四半期以降、23期(5年9カ月)連続の営業赤字を記録。モバイル部門がLG電子全体の業績を圧迫する主犯だったわけだ。このような理由から、市場ではLG電子の携帯電話事業からの撤退は時間の問題だという見方が、数年前から出ていた。 2007年に携帯電話市場の中心がスマートフォンへと画期的な転換を遂げて以降、LG電子は10数年にわたってこれといった活路を見出せずにいた。高価格帯の携帯電話市場では、アップルとサムスン電子の二強構図を切り崩せなかった。低価格帯市場では、価格競争力を武器にしたOPPO、Vivo、シャオミなどの中国メーカーの攻勢の防御に失敗した。漢陽大学のパク・ジェグン教授(韓国半導体ディスプレイ技術学会会長)は「LG電子は高価格帯市場にしがみついてきたが、結局その市場ではサムスン電子やアップルに追いつけなかったため、事業をたたむしかなかったのだろう」と語った。 … https://news.yahoo.co.jp/articles/2825450e948cffa601f9ee8c488a400a488bd11f ・LGのスマホ事業部は3400人います。非正規はいないんですか?下請けや部品の納入業者を含めたら、何倍にも膨れ上がると思います ・買う会社がありませんでした。発展途上国の会社に売ろうとしてました ・従業員が減らないなら、赤字がなくなる事もない気がします ・ただの家電製品しか売れなくなりました
Source: まとめりー

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。