SBクラウドとスクエニ、『ドラゴンクエストライバルズ』で機械学習を活用した共同研究を実施 CPU対戦のバランス調整精度の向上が目的

スポンサーリンク



SBクラウドとスクエニ、『ドラゴンクエストライバルズ』で機械学習を活用した共同研究を実施 CPU対戦のバランス調整精度の向上が目的SBクラウドは、 スクウェア・エニックスと機械学習を活用した共同研究の実施を発表した。本研究は、 スクウェア・エニックスが提供するスマートフォン向けデジタルカードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ※1』において、 ユーザーのゲーム内の行動ログデータを分析することで、 コンピューター対戦のバランス調整の精度を向上させることを目的に行った。本研究においてSBクラウドは、 機械学習のシステム基盤として、 GPUを搭載した仮想サーバーサービス「Elastic Compute Service(ECS)」と、 ビッグデータ処理プラットフォーム「MaxCompute」を提供している。※1 2020年8月にリニューアルされ、 現在は『ドラゴンクエストライバルズ エース』として配信中。 この研究はリニューアル前に実施したもの。 現在 『ドラゴンクエストライバルズ エース』に実装されているAIとは異なる。■ […]

SBクラウドとスクエニ、『ドラゴンクエストライバルズ』で機械学習を活用した共同研究を実施 CPU対戦のバランス調整精度の向上が目的
is a post from: Social Game Info


Source: Social Game Info
SBクラウドとスクエニ、『ドラゴンクエストライバルズ』で機械学習を活用した共同研究を実施 CPU対戦のバランス調整精度の向上が目的

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。