【CEDEC 2020】ドリコムが複雑なIPプロジェクトを効率化させるための手法を明らかに…監修資料の作成を自動化で簡略化!

スポンサーリンク



【CEDEC 2020】ドリコムが複雑なIPプロジェクトを効率化させるための手法を明らかに…監修資料の作成を自動化で簡略化!コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、9月2日~4日の期間、オンラインにて、国内最大のゲーム開発者向けカンファレンス「コンピュータ・エンターテインメント・デベロッパーズ・カンファレンス 2020」(CEDEC 2020)を開催した。本稿では、9月4日に実施された講演「監修を素早く正確に – 複雑なIPプロジェクトの効率化事例」のレポートをお届けしていく。セッションには、ドリコム第1プロダクションよりゲームプログラマの二宮一樹氏、デザイナーの松原由香利氏、同じくデザイナーの太田美由紀氏が登壇。プロジェクトで起こったIP案件固有の課題と、その解決手法についての紹介が行われた。【登壇者情報】▲松原由香利氏。2013年にドリコムに中途入社。演出周りやUIのデザイナーとして新規開発や運用に携わる。現在はクオリティを担保した運用リソースの自動化など運用改善を主とした仕組みづくりなどを担当[…]

【CEDEC 2020】ドリコムが複雑なIPプロジェクトを効率化させるための手法を明らかに…監修資料の作成を自動化で簡略化!
is a post from: Social Game Info


Source: Social Game Info
【CEDEC 2020】ドリコムが複雑なIPプロジェクトを効率化させるための手法を明らかに…監修資料の作成を自動化で簡略化!

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。