Apple Watchのデザイン刷新は来年? Series 6注目は血中酸素センサー

スポンサーリンク



Apple Watch Series 6_Apple Hub
 
著名アナリストのミンチー・クオ氏が、Apple Watchのデザイン刷新は2021年と予想していること、Apple Watch Series 6の注目すべき機能は血中酸素濃度測定センサーだと伝えています。

Apple Watch Series 6は少しだけ変わる?

Phone12関連パーツの画像を投稿してきたDuanRui氏(@duanrui1205)はApple Watch Series 6について、「外観は、見た目が良くなる」と伝えていましたが、クオ氏によれば外観デザインが変わることはないようです。
 
同氏は、Apple Watchの外観デザインが刷新されるのは2021年下半期(7月〜12月)、もしくはApple Watch Series 7になるだろうと述べています。
 
Apple Watch Series 6で外観デザインが変わることは無くとも、血中酸素濃度測定センサーの搭載は重要な変更点であり、それによってこれまで以上に、Apple Watchが救命に貢献するだろうと同氏は伝えています。

2021年モデルのApple Watchには、マイクロLEDディスプレイ搭載の予測も

台湾のLED情報専門メディアLEDinsideは、早ければ2021年モデルのApple WatchにマイクロLEDディスプレイが搭載される可能性があると伝えていました。
 
 
Source:iMore
(FT729)


Source: iPhone Mania
Apple Watchのデザイン刷新は来年? Series 6注目は血中酸素センサー

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。