ブシロードの決算説明資料より…MOG部門の4Q(5~7月)売上高は2四半期連続の30億円超に 『スクスタ』『ヴァンガードZERO』『ロストディケイド』が貢献

スポンサーリンク



ブシロードの決算説明資料より…MOG部門の4Q(5~7月)売上高は2四半期連続の30億円超に 『スクスタ』『ヴァンガードZERO』『ロストディケイド』が貢献ブシロード<7803>は、9月14日、2020年7月期の連結決算を発表するとともに決算説明資料を開示した。その資料によると、同社のデジタルIP事業のうち、MOG(モバイルオンラインゲーム)部門の第4四半期期間(5~7月)の売上高は31億4700万円と2四半期連続の30億円超となっている。また、2020年7月期のMOG部門の売上高は108億円と100億円を超えており、前々期比では46.4%増加した。2019年9月に配信開始の『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS』、2019年12月に配信開始の『ヴァンガードZERO』、2020年2月に配信開始の『ロストディケイド』が収益に貢献しており、足元はデジタルIP事業全体の成長のけん引役となっているようだ。 […]

ブシロードの決算説明資料より…MOG部門の4Q(5~7月)売上高は2四半期連続の30億円超に 『スクスタ』『ヴァンガードZERO』『ロストディケイド』が貢献
is a post from: Social Game Info


Source: Social Game Info
ブシロードの決算説明資料より…MOG部門の4Q(5~7月)売上高は2四半期連続の30億円超に 『スクスタ』『ヴァンガードZERO』『ロストディケイド』が貢献

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。