【CEDEC 2020】スマホ向けゲームの国際化対応の効率を上げるために取り組むべきこと…ドリコムがレイアウト調整に重要なポイントを7つに分けて紹介

スポンサーリンク



【CEDEC 2020】スマホ向けゲームの国際化対応の効率を上げるために取り組むべきこと…ドリコムがレイアウト調整に重要なポイントを7つに分けて紹介コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、9月2日~4日の期間、オンラインにて、国内最大のゲーム開発者向けカンファレンス「コンピュータ・エンターテインメント・デベロッパーズ・カンファレンス 2020」(CEDEC 2020)を開催した。本稿では、9月4日に実施された講演「開発から運用まで – スマートフォンゲームの国際化対応における課題と解決手法」のレポートをお届けしていく。セッションには、ドリコムの岩切伸哉氏が登壇。ネイティブゲームでの経験を元に、ブラウザゲームでの開発における、国際化対応についての紹介が行われた。▲岩切伸哉氏。2013年ドリコム入社。現在は第4プロダクション技術2グループ長、開発エンジニアリーダーを担当している。 ■運用チームの構成・バージョンアップフローの紹介プロダクトでは、国内版の開発・運用をするチームと海外版の開発・運用をするチームに分かれてい[…]

【CEDEC 2020】スマホ向けゲームの国際化対応の効率を上げるために取り組むべきこと…ドリコムがレイアウト調整に重要なポイントを7つに分けて紹介
is a post from: Social Game Info


Source: Social Game Info
【CEDEC 2020】スマホ向けゲームの国際化対応の効率を上げるために取り組むべきこと…ドリコムがレイアウト調整に重要なポイントを7つに分けて紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。