HEROZ、第1四半期はBtoCサービスの売上がプラスに 『将棋ウォーズ』が課金収入好調、『ポケモンコマスター』終了の影響もカバー

スポンサーリンク



HEROZ、第1四半期はBtoCサービスの売上がプラスに 『将棋ウォーズ』が課金収入好調、『ポケモンコマスター』終了の影響もカバーHEROZ<4382>は、この日(9月11日)、第1四半期(5~7月)の決算説明資料を開示し、AI(BtoC)サービスの売り上げが2億0100万円となり、前年同期の実績を上回ったことを明らかにした。ただし前年同期の実額が開示していないため、どの程度上回ったのかは不明だ。同社では、2019年10月末に『ポケモンコマスター』の運営を終了したものの、『将棋ウォーズ』などが堅調に推移した、としている。巣ごもり需要やメディア露出が増えたことで、有料アクティブユーザー数が前年同期を上回るなど増加傾向にあるという。 […]

HEROZ、第1四半期はBtoCサービスの売上がプラスに 『将棋ウォーズ』が課金収入好調、『ポケモンコマスター』終了の影響もカバー
is a post from: Social Game Info


Source: Social Game Info
HEROZ、第1四半期はBtoCサービスの売上がプラスに 『将棋ウォーズ』が課金収入好調、『ポケモンコマスター』終了の影響もカバー

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。