Apple、「Safari Technology Preview 113」を開発者向けにリリース

スポンサーリンク



Safari Technology Preview 113
 
Appleは現地時間9月9日、Safari Technology Preview 113を開発者向けにリリースしました。同ブラウザは2016年3月に導入された実験的なブラウザで、Safariに将来的に導入される機能をテストするために設計されています。

Webオーディオ、翻訳などのバグ修正とパフォーマンス改善

Safari Technology Preview 113では、Webインスペクター、Webオーディオ、WebRTC、レンダリング、メディア、CSS、WebDriver、アクセシビリティ、ローディング、Web API、ゲームパッドAPI、及び、翻訳のバグ修正とパフォーマンスの向上が行われています。
 
現在のSafari Technology Previewは、macOS Big Surに搭載されるSafari14に基づいて構築されており、他ブラウザからインポートされたSafari Web Extensions、タブプレビュー、パスワード違反通知、Touch IDによるWeb認証などに対応しています。
 
最新バージョンは、macOS CatalinaとmacOS Big Surに対応しています。

開発者アカウントがない場合も、ダウンロード可能

最新バージョンは、旧ブラウザを使用している場合、システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」よりダウンロードできます。アップデートの完全なリリースノートは、Safari Technology PreviewのWebサイトで入手できます。
 
Safari Technology Previewは、ブラウザ開発プロセスに関する開発者とユーザーからのフィードバックを得るために開発されました。Safari Technology Preview‌は、既存のSafariブラウザと並行して実行でき、開発者アカウントがない場合でも、ダウンロード可能です。
 
 
Source:MacRumors
(m7000)


Source: iPhone Mania
Apple、「Safari Technology Preview 113」を開発者向けにリリース

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。