iOS13.7のコロナ接触通知機能は利用不可、COCOAのダウンロードが必要

スポンサーリンク



COCOA0816
 
厚生労働省は、iPhoneにiOS13.7をインストールした場合でも、国内で新型コロナウイルスの陽性者との接触通知を受けるためには、「COCOAのダウンロードが必要」と注意を呼び掛けています。

接触通知にはCOCOAが必要

Appleは現地時間9月1日、iOS13.7とiPadOS13.7をリリースしており、iOS13.7には新型コロナウイルス陽性者との接触通知機能が追加されています。
 
iOS13.7の接触通知機能については、居住地域の公衆衛生当局が新型コロナ感染者との接触情報を提供している場合に利用可能となっています。
 
日本国内では、iOS13.7の設定画面において、「接触通知」機能を設定することが可能になっており、COCOAが設定画面に表示されます。
 
しかし、厚生労働省によると、日本国内ではiOS13.7の設定画面で操作するだけでは接触通知は配信されず、COCOAアプリをApp Storeからダウンロードし、利用規約に同意した上で利用を開始することが必要となっています。
 
また、NHKによると、Apple日本法人の担当者も、日本で接触通知を受けるためにはCOCOAのダウンロードが必要と認めています。
 
厚生労働省は、以下のCOCOA公式ホームページのQ&Aページや、公式Twitterにおいて、iOS13.7をインストールしたiPhoneでも、「COCOAのダウンロードが必要」と注意喚起を行っています。
 
なお、COCOAにより新型コロナウイルス陽性者との接触が通知された場合には、無料でPCR検査を受けることが可能となっています。
 
COCOA公式ホームページのQ&Aページ
 

 

 
 
Source:厚生労働省@Twitter via NHK
(seng)


Source: iPhone Mania
iOS13.7のコロナ接触通知機能は利用不可、COCOAのダウンロードが必要

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。