【ゲーム株概況(9/1)】国内証券が目標株価引き上げの任天堂が高値更新 BOIはストップ高 ライブ配信アプリのリリース延期のケイブがS安

スポンサーリンク



【ゲーム株概況(9/1)】国内証券が目標株価引き上げの任天堂が高値更新 BOIはストップ高 ライブ配信アプリのリリース延期のケイブがS安9月1日の東京株式市場では、日経平均は小反落し、前日比1.69円安の2万3138.07円で取引を終えた。前日の大幅高への利益確定売り動きが出たものの、自民党総裁選で菅官房長官が優位に立っているとの報道が下支えとなり、前日終値を挟んでのもみ合い推移となった。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、任天堂<7974>が年初来高値を更新した。任天堂は、大和証券が目標株価を5万5000円から6万6000円に引き上げたことが市場から材料視されたようだ。また、KLab<3656>やブロッコリー<2706>、マーベラス<7844>などが買われ、バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>は4日ぶりの反発でストップ高となるなど、荒い値動きが続いた。半面、2020年夏リリース予定としていたライブ配信アプリのリリース時期を2021年3月に延[…]

【ゲーム株概況(9/1)】国内証券が目標株価引き上げの任天堂が高値更新 BOIはストップ高 ライブ配信アプリのリリース延期のケイブがS安
is a post from: Social Game Info


Source: Social Game Info
【ゲーム株概況(9/1)】国内証券が目標株価引き上げの任天堂が高値更新 BOIはストップ高 ライブ配信アプリのリリース延期のケイブがS安

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。