Apple、サプライヤーに7,500万台のiPhone12モデルの生産を指示

スポンサーリンク



iPhone12 concept_Michael Ma_07
 
今年秋にiPhone12シリーズの発売が見込まれていますが、Appleは最低でもシリーズ全体で7,500万台の生産をサプライヤーに指示した、とBloombergが伝えています。

昨年のiPhone11シリーズと同レベルの生産台数

Bloombergによれば、7,500万台という生産台数は昨年と同等の水準であるとのことです。
 
Appleは今年4つのiPhone12モデルの発売を控えているとされていますが、モデルごとの生産台数は明らかになっていません。
 
iPhoneに加えて、Appleは新型iPad Air2つのモデルの次世代Apple Watch、ヘッドホン、小型のHomePodスピーカーの発売を計画していると報じられています。
 
また、新型Apple TVも開発中で、リモコンには「iPhoneを探す」機能が搭載されるとのことです。iPhone11シリーズには超広帯域無線(UWB)の空間認識機能を活用したU1チップが搭載されており、リビングルームほどの空間で機能するGPSのように、精密なローカライゼーションが可能となります。

iPhone12 ProシリーズにはLiDARスキャナ搭載が確定か

台湾の調査会社TrendForceが、iPhone12シリーズの予想価格と、各種予想スペックを報告したばかりです。
 
iPhone12シリーズには、iOS14.1がインストールされ出荷されるとみられており、カラーバリエーションは全モデルでグリーン系が廃止されるともいわれています。
 
加えて、iPhone12 ProシリーズへのLiDARスキャナ搭載が確定したと報じられたばかりです。iPhone12には新色「ダークブルー」が追加されるとの噂もあります。
 
 
Source:Bloomberg
Photo:@apple_idesigner/Twitter
(lexi)


Source: iPhone Mania
Apple、サプライヤーに7,500万台のiPhone12モデルの生産を指示

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。