新型27インチiMac、AMDグラフィックボードが原因とみられるグリッチ現象が報告

スポンサーリンク



imac 27インチ
 
8月初旬に27インチiMacのアップデートが行われ、新世代AMD Radeon Pro 5000シリーズのグラフィックス搭載が可能となりましたが、ハイエンドモデルに使用されている型のGPUがグリッチ現象を引き起こしている可能性がある、と指摘されています。

ユーザーがAppleサポートに動画を投稿

Appleサポートのサイトに、ユーザーのBunn_pt氏が「27インチiMac(2020)のランダムな線(グリッチ)」と名付けたスレッドを立ち上げました。
 

新しいiMacを受け取ったばかりだが、スクリーン上にグリッチの線がときどき現れることに気付いた。重い処理や熱によるものかと思ったが、何もしていないときもグリッチが生じるため、完全にランダムだと言える。
 
ランダムゆえにグリッチを撮影するのは難しかったが、起こっている瞬間を捉えることに成功した。白い背景が多いので見にくいが、グリッチは画面全体に拡がっている。
 
iMacは動作しているし、CPU/GPUのベンチマークにも問題はないが、ただこのグリッチに結構悩まされている。

 

Radeon Pro 5700 XTが原因か?

Bunn_pt氏の投稿に対し、これまでに2人のユーザーが同様の現象が起きていると返答しており、1人のユーザーは「YouTubeとGoogleを検索したが、Radeon Pro 5700 XTによく起こる問題のようだ」と報告しています。
 
Radeon Pro 5700 XTは、27インチiMacの3.8GHz 8コア第10世代Intel Core i7搭載のハイエンドモデルで選択可能となっており、GDDR6メモリを最大16GBまで搭載できます。
 
 
Source:Apple via 9to5Mac
Photo:Apple
(lexi)


Source: iPhone Mania
新型27インチiMac、AMDグラフィックボードが原因とみられるグリッチ現象が報告

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。