Apple、Facebookの「Appleが30%手数料を取る」との記載を却下

スポンサーリンク



paid-online-events-payment-flow-2
 
Facebookが、先日発表した新しい有料オンラインイベント開催機能の画面に、「Appleが30%の手数料を取る」との一文を掲載しようとしたところ、Appleによって却下された模様です。Reutersの取材で明らかになりました。

Appleは30%手数料免除を拒否

Facebookは現地時間8月14日に、Facebookアプリに米国を含む20カ国(日本は含まれていない)において、有料オンラインイベントを主催するための新機能を追加することを発表しました。
 
この機能は新型コロナウイルスの影響でイベントが開催できない事業者を支援するのが目的であるため、FacebookはAppleに対し、この有料イベント料金支払いに限り、通常発生する30%のApp Store手数料の免除を申請しましたが、却下されました。

30%課税について説明した記述の掲載は認められず

そのため同社はiOS版アプリの支払い画面に「この購入からAppleは30%の手数料を得ます」との一文を挿入しようとしたところ、「無関係な」情報を提示するのはApp Storeの規則に違反するとされ、Appleから削除を指示されたとのことです。
 
トップ画像はFacebookが、アプリへの新機能追加のためにAppleに提出した画面ですが、左側のiOSアプリの画面には、確かに”Apple takes 30% of this purchase.”と記されています。一方のAndroid版のほうには”Facebook doesn’t take a fee from this purchase.”(Facebookはこの購入からは手数料を取りません)とあります。
 
つまりこの”Apple takes 30% of this purchase.”の掲載が認められなかったということです。
 
Facebookは「30%課税を透明にするための通知は、残念ながらAppleによって却下されましたが、アプリ内でこの情報が提供できるよう、今も努力しています」と述べています。

 
 
Source:Reuters
Photo:Facebook
(lunatic)


Source: iPhone Mania
Apple、Facebookの「Appleが30%手数料を取る」との記載を却下

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。