Appleが2022年に折りたたみiPhone発表か〜サプライヤー筋の情報

スポンサーリンク



foldable iphone

台湾DigiTimesが、Appleが2022年に、フレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイを搭載の折りたたみiPhoneで、折りたたみスマートフォン市場に参入すると報じています。

折りたたみスマートフォンが増加傾向

Samsungは2021年に4つの折りたたみスマートフォンを発売すると予想されるなど、フレキシブルOLEDディスプレイの市場が今後大きく拡大すると予想されています。

Appleも、Galaxy Z Foldに搭載するタイプの折りたたみスマートフォン用フレキシブルOLEDディスプレイのサンプル供給をSamsungに依頼したとの情報もあります。

Appleも1枚のOLEDディスプレイを折りたたむタイプを開発か

Appleが開発中の折りたたみiPhoneは、折りたたむというより2つのディスプレイを組み合わせたSurface Duoのようなモデルになると伝えられてきましたが、Galaxy Z Foldのような折りたためるフレキシブルOLEDディスプレイを搭載して2022年に参入、それにより更に市場が拡大すると予想されるようです。

同メディアによれば、Samsung Displayは2020年下半期(7月〜12月)に、フレキシブルOLEDディスプレイの月間生産可能枠を90万枚まで拡大しているとのことです。


Source:DigiTimes via Tom’s Guide
Photo:The Verifier
(FT729)

Source: iPhone Mania

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。