ドコモ、MNP転出手数料を2021年4月に廃止へ

スポンサーリンク



docomo NTTドコモ ロゴ

NTTドコモは12月18日、ドコモから他の携帯電話事業者へ乗り換える際の携帯電話番号ポータビリティ手数料(MNP転出手数料)を2021年4月に廃止すると発表しました。

2021年4月以降、MNP転出手数料3,000円が無料に

NTTドコモは、これまでドコモから他社へ乗り換える際に発生していたMNP転出手数料3,000円(2019年9月30日以前の旧プラン契約者は2,000円)を2021年4月に廃止します。

総務省の有識者会議では、MNP転出手数料について「Web受付時無料化の方向性」が示されていましたが、ドコモはウェブ窓口(My docomo)に加え、店頭(ドコモショップ)コールセンター(ドコモインフォメーションセンター)においても無料とします。

なお、手数料が無料となるのは、2021年4月1日以降にMNP予約番号を取得し、MNPを利用してドコモを解約した場合です。ただし、2021年3月中に提供開始予定の新料金プラン「ahamo」を契約する場合は、今回の廃止前についてもMNP手数料は発生しません。

MNP転出手数料無料化については、ソフトバンクも2021年春を目処に実施することを発表しています。


Source:NTTドコモ
(kotobaya)

Source: iPhone Mania

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。