Twitterの「リツイート」機能が元の仕様に〜思慮深い拡散につながらず

スポンサーリンク



twitter for mac

Twitterは、より思慮深い拡散を促すため、リツイート時にコメントの追加を要する引用リツイートを標準としていましたが、思ったような成果が得られていないとして、これまでの元のリツイートの仕様に戻した、と発表しました。

引用リツイートの標準化でリツイートの全体数が20%減

Twitter Support(@TwitterSupport)が引用リツイートの標準化を発表したのは10月9日のことです。コメントの追加を求めることで、コンテンツをシェアする前に理由を追加せざるを得なくなるため、より思慮深い拡散につながると期待されていました。

引用リツイートの標準化により、確かに引用リツイートの数は増えたものの、45%はわずか1単語しか含まないもので、70%は文字数25字以下であったことが明かされています。


結果として、引用リツイートとリツイートを含めるリツイートの全体数が20%減少するに至りました。


それでもTwitterはより思慮深い拡散へのフォーカスを続けるとも述べています。例えば、記事をシェアする前に内容を読むことを提案することは、思慮深い拡散につながることがわかっているとのことです。



Source:@TwitterSupport/Twitter
(lexi)

Source: iPhone Mania

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。