【ゲーム株概況(10/20)】全体市場低調の中でガンホーが買われる…『パズドラ』で開催予定の「鬼滅の刃」コラボに関心 エディアや東宝は反落

スポンサーリンク



【ゲーム株概況(10/20)】全体市場低調の中でガンホーが買われる…『パズドラ』で開催予定の「鬼滅の刃」コラボに関心 エディアや東宝は反落10月20日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比104.09円安の2万3567.04円で取引を終えた。米国の追加経済対策の与野党協議が難航していると伝えられたことで、市場の手控えムードが強まる形となった。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ガンホー<3765>やAiming<3911>、サイバーエージェント<4751>が買われた。ガンホーは、主力の『パズル&ドラゴンズ』が人気アニメ「鬼滅の刃」とのコラボを10月27日より開催する予定であり、2020年の第4四半期(1~3月)に「鬼滅の刃」とのコラボでミクシィ<2121>の『モンスターストライク』が驚異的に売上高を伸ばしたことからの連想が働いているようだ。ほか、ボルテージ<3639>やドリコム<3793>、ブシロード<7803>などもしっかり。[…]

【ゲーム株概況(10/20)】全体市場低調の中でガンホーが買われる…『パズドラ』で開催予定の「鬼滅の刃」コラボに関心 エディアや東宝は反落
is a post from: Social Game Info


Source: Social Game Info
【ゲーム株概況(10/20)】全体市場低調の中でガンホーが買われる…『パズドラ』で開催予定の「鬼滅の刃」コラボに関心 エディアや東宝は反落

スポンサーリンク
スポンサーリンク









スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク









%d人のブロガーが「いいね」をつけました。